時間とは何か 光の速さはどんなに時間が変わろうと一定なん

時間とは何か 光の速さはどんなに時間が変わろうと一定なん

時間とは何か 光の速さはどんなに時間が変わろうと一定なん。そのとおりです。光の速さはどんなに時間が変わろうと一定なんですか 光はどのくらいの速さで進むの。私たちの身のまわり自然界で一番速いものはなんでしょうか。みなさんは。
きっと「それは。光さ。」と答えるでしょう。そうです。光は。秒間に約万
も進みます。それは。地球を周半もする距離なのです。光の速さはどうやってはかったのですか。ふつう。速度を測るには「2か所の間を通過した時間を計測する」などの方法が
用いられます。でも。光の速度は速すぎるので。このような方法で測るのは困難
です。 そこで。地球が太陽の周りを動いていることを利用して。科学的方法で時間とは何か。ただし。「時間とは何か」といざ問われると。このテーマには。心理学?生物学
?哲学?自然科学?物理学?宇宙論クリスチャン?ホイヘンスが年頃
振り子時計を完成させ。その後。より正確な機械式時計が普及するにつれて。「
時間は常に一定の速さで流れる」彼の理論を分りやすくいうと。「止まって
いる人から見ると。光速で動いている人の時計が示す時間は遅れる」ということ
です。

光の速さはどれくらいなの。レーマーは。木星のまわりを公転する衛星の公転周期がいつも同じではなく。
少し変化することに気づきました。これは地球と木星の距離が一定でないために
。光が届く時間が違うということによる。見かけの変化だったのです光の速さに近づくと時間が遅れるって本当ですか。このことは。アインシュタインが年に発表した。特殊相対性理論によってい
ます。 手から投げられたボールや飛んでいるロケットなどは。その運動をじゃま
する力が働かないかぎり。一定の速さ

そのとおりです。光速度不変の原理について説明します。 「光速度不変の原理」とは、静止して光を観測しても移動しながら光を観測しても、光の速度は秒速30万キロと測定されると言うものです。 例えば、時速100キロの電車を静止して観測すると、その速度は時速100キロです。しかし、時速50キロの車で追いかけながら電車を観測すると、電車の速度は時速50キロと測定されます。時速50キロの車に乗って電車と対面する形で観測すると、電車の速度は時速150キロと測定されます。 移動する車から見た電車の速度を、電車の相対速度と言います。「光速度不変の原理」とは、光の相対速度は秒速30万キロで不変であると言うものです。つまり、光を秒速15万キロで並走しながら観測しても、同速度で光と対面する形で観測しても、光の相対速度は秒速30万キロで変らないというのです。これは、常識に反するため、大変理解しがたいのです。 ではなぜ、この様な考え方が必要だったのでしょうか。 電磁気力は、光の一種である電磁波が、電荷を帯びた物質間を往復することで生じます。そして、電磁気力の強さは物質間の距離の2乗に反比例します。つまり、電磁波が物質間を往復するのに要する時間の2乗に反比例するのです。 電荷を帯びた2つの物質が並走しながら電磁波を交換すると、静止している場合に比べて、電磁波の往復距離は長くなります。即ち、電磁波の往復に要する時間が長くなるので、生じる電磁気力の強さは弱くなる筈です。 しかし、現実には、静止していても移動していても、生じる電磁気力の強さは変りません。 この謎を説明するために、移動する2つの物質から見た電磁波の相対速度は、秒速30万キロで不変であると考えたのです。これで、静止していても移動していても、電磁波は同じ時間で物質間を移動します。だから、生じる電磁気力の強さは、物質の移動速度にかかわらず不変となると説明しました。 しかし、幾らなんでも、秒速30万キロの光を秒速15万キロで追いかけても、同速度で光と対面しても、光の速度は秒速30万キロで変らないと言うことは理解出来ません。 そこで次のような思考実験を行います。 電荷を帯びた2つの物質を、一本の剛体の両端に取り付けます。そして、この装置を秒速vキロで移動させます。この2つの物質間を電磁波は往復します。 この時、電磁波の移動距離は、進行方向横方向に剛体棒を向けた時静止時の1/1-v^2/c2倍、上下左右方向縦方向に向けた時静止時の1/√1-v^2/c^2倍となります。 一方、秒速vキロで移動する物質は「ローレンツ収縮」し、横方向に√1-v^2/c^2倍短くなります。従って、剛体棒の長さは、横方向に√1-v^2/c^2倍短くなるので、電磁波の横方向の往復距離は、静止時の1/1-v^2/c2×√1-v^2/c^2=1/√1-v^2/c^2倍と、縦方向の往復距離と同じとなります。 この仕組みにより、マイケルソンとモーレーの実験では、縦方向に往復させた光と横方向に往復させた光とが、同時に戻ることが出来たのです。 従って、秒速vキロで移動する場合、電磁波の往復距離は静止時に比べて1/√1-v^2/c^2倍となります。つまり、電磁波の往復時間は、静止時の1/√1-v^2/c^2倍となります。 一方、高速で移動すると物質は動き難くなります。この現象は、粒子を加速器で加速する際に見られます。粒子は光速に近づく程、加速し難くなります。秒速vキロで移動すると、静止時の√1-v^2/c^2倍しか動けません。従って、時計は1秒間に√1-v^2/c^2秒を刻む様になります。 こうして、秒速vキロで移動する慣性系では、電磁波の往復に要する時間は、静止時の1/√1-v^2/c^2倍×√1-v^2/c^2倍=1倍となります。つまり、電磁波の往復に要する時間は、移動速度に関係なく不変なので、生じる電磁気力の強さも移動速度に影響されず不変なのです。詳細は、下記ホームページを参照ください。真空中での光の速さ:約3万km/hも、高速道路の自動車の速さ:100km/hも、どんなに時間が変わろうと速度は変わりません。その事と相対性理論は無関係です。例えば物価がどれだけ変わろうが、銀行預金の100万円は100万円です。出入金や利子が付かない限り、額は変わりません。?時間が変わったら、速さの時間も変わるのでは?数百年の時間が経てば光の上位互換が発見されてるんじゃね

  • フラッシュ たか埋め込まれている部分パズルのようハマって
  • 当方アレルギー持ちなのサイト“アレルギーお持ちの方いらっ
  • Learn 新人の勝手な行動多く報連相や挨拶ないこ報告た
  • Untitled 母散歩好きなので庭など広い施設内で自由
  • 教室にエアコン エアコン設置以外でかいい暑さ対策の方法な
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *