緊急事態で保育園が休園 の宝物がいますが保育園は開いてい

緊急事態で保育園が休園 の宝物がいますが保育園は開いてい

緊急事態で保育園が休園 の宝物がいますが保育園は開いてい。コロナをうつされるのが心配ですね。コロナウイルスで子供を亡くさないか、心配でたまりません 日中テレビが見られないため詳しく分からないのですが、海外で亡くなっている若者がいるというのは本当ですか 持病があった方ですか うちには5歳と2歳 の宝物がいますが、保育園は開いているため通常出勤、いやむしろ小学生の親が休んでいるため普段より忙しいため、休めないのです 〈反響に応えて〉「コロナで崩壊寸前の保育現場」にコメント多数。保育園が開いているから。仕事を休めないと悩んでいる保護者もいます。東京
都は。緊急事態宣言が出る前に市区町村宛てに。感染防止のため。仕事を休んで
家にいることが可能な保護者は子どもの登園を控えるようお願いし。縮小して

緊急事態で保育園が休園。子どもの世話で仕事を休む保護者の休業補償のために政府が新設した助成金?
支援金は。保育園…小学生以下の子どもを持つ働く親が。ふだん子どもを預け
ている場所に子どもを預けられなくなり。仕事に影響が出た場合を対象にしてい
ます。子どもの預け先は小学校だけでなく。保育園や幼稚園。放課後児童クラブ
も対象です。自主的な判断で休ませた場合は原則対象外です。企業に
勤めている場合と。フリーランスで働いている場合で異なります。

コロナをうつされるのが心配ですね。体内にいるコロナウイルスも殺菌するために、トイレの消臭用のオゾン発生装置2~3千円を入手して、家の部屋の空気中に薄めのオゾンを入れたら良いと思います。オゾンは水に溶け込みオゾン水となり,水分子との反応により極めて強い殺菌力を持つヒドロキシラジカルを発生させる。それが、トイレの臭いの元になる菌を殺すとともにウイルスも殺す。そのオゾンが人の肺にまで吸い込まれて人体内の水に溶けてオゾン水を作りウイルスを殺して死骸を体内に残す。体に、その死骸を発見させてウイルスに対抗する抗体を作らせましょう。ただし、オゾンは多すぎると人体に害になりますので、オゾンの臭いが気にならない程度にオゾンを発生させて使うのが良いと思います。それから、自分が感染者かもしれないと思っていた方が良い。コロナに汚染されているかもしれない自宅から外に出る際に、手を石鹸で洗ってから外に出る。お店等に入るときにも、手を石鹸で洗ってからお店等に入る。お店等から外に出る際にも、手を石鹸で洗う。自宅に入るときに、手を石鹸で洗ってから自宅に入るのが良い。なお、超音波加湿器を使っている施設には空気感染の恐れがあるので入らないようにする事。また、喉のウイルスを殺すだけの軽い殺菌力のうがい薬で喉のウイルスを殺して死骸を喉に残す。体に、その死骸を発見させてウイルスに対抗する抗体を作らせましょう。北海道は、感染抑えこみ対策の効果があった様です。東京都は、北海道と同様に、感染の検査を渋らないことに方針を転換したと考えます。ドイツの大規模な検査の結果、新型コロナウイルスはインフルエンザの3倍の致死率あり。0.3%の致死率。日本はドイツを見習うべき。コロナウイルスは石鹸で死ぬ新型コロナウイルスの外側の脂質の膜が石鹸で溶け、ウイルスが死にます。超音波加湿器に注意。「超音波加湿器を使って空気感染させていた可能性がある事例」「都内の感染:このコールセンターで働いている人で、東京都が感染を確認したのはこの女性で5人目です。」ソウル聯合ニュース3月14日「ソウルのコロナ感染者:集団感染が起きた九老区のコールセンター関連は前日と同じ74人だった。」超音波加湿器を使っていたのではないか?コロナウイルスの感染は、感染者のせきやくしゃみによる飛沫2m先まで飛ぶこともあるから感染します。「咳やくしゃみで体外に出たウイルスは、一定の時間が過ぎると不活化します。つまり寿命があるのです。衣類など凹凸の多い表面では8~12時間。マスクやティッシュは約半日、つるつるした金属、平らなテーブル等の表面ではなんと4日間ほど感染力を保っているのだそうです。ですから室内でよく触るドアノブ、テーブル、椅子背もたれ部は感染者がでたら消毒するのがいいですね。空気中では湿度50%以上の場合は8時間ほどですが、乾燥状態では一日以上生存します。」そのため、「家に帰ったら、先ずウイルスで汚染された手を石鹸で洗うこと」が必要です。「ダイヤモンド?プリンセス号ではコロナウイルスが「空気感染」したのではないか、ウイルスは小さいので、空中のほこりと同様に空中にただよい空気感染する事が可能ではないか」という意見が考えられます。しかし、ウイルスが感染者のせきやクシャミ等の飛沫の液体の表面張力に引っ張られて、飛沫から外に出るのは困難で空中にただようのは困難と考えます。飛沫が乾燥したらしたで、その飛沫が付着していた物体に静電気で引き付けられていて、浮遊するのは大分困難と思います。コロナウイルスが浮遊するために可能性が高いこととして、感染者のせきやクシャミの飛沫を人工的な方法で更に細かく分けて、飛沫単独でも空中を漂うことができる小さな粒に加工してしまう可能性があります。その方法として、超音波加湿器で、水中の細菌を、超音波で細かくした水の粒に入れて空中を漂わせているように、同じ様にして超音波加湿器でコロナウイルスを空中にまき上げて空中にただよわせる事空気感染は可能と思います。感染に無知な人が、安易に超音波加湿器を使ってウイルスを入れた水を空中にまき散らす、ような事はさせないよう注意する事も必要と思います。医療に従事する人は、これ以上に患者の近くに接近し、患者のセキの一部の小さな飛沫が数秒空中にただよっていても、その飛沫から感染し、ほぼ、空気感染に近い状況で患者に接しているので、大変だと思います。中国では、感染が終息したようです。「中国の保健当局は、13日、国内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者が、11人にとどまったと発表しました。1日当たりの感染者は7日連続で50人を下回る」ただ、これを簡単に信じて良いのか注意が必要です。中国では、現時点では、日本からの感染、あるいは、中国への入国、を恐れているようです。「コロナウイルスの感染者の増加の統計グラフ」が出ました。グラフで表されている「感染者数の増加」が、本当の感染者数を表しているのか、単に、患者のコロナウィルス検査数の増加数を表しているのか、グラフには2つの意味があります。検査数の累計のグラフで、2月13日から急に「感染者数」が増えている理由は、コロナウイルスの感染はもっと以前から起きているので、コロナウィルスの感染の増加によるものとは考えにくく、患者のコロナウィルス検査数の増加数を表している感染者は増えていないと考えられます。日本全国で、3月21日までで18134件検査しています。3月25日1時時点で陽性者数1211人を発見しています。4月4日18時時点で78人死亡、3352人の陽性者を発見コロナウイルス検査数の概ね18分の1の割合で感染者を発見していると思います。東京都のコロナウイルス情報サイトができました。3月24日まで、クルーズ船乗客以外を2013人検査:陽性171人を発見?0.06が感染検査の17分の1程度で感染者を発見毎日7名を発見ペースが、3月24日には毎日9名ペース。感染対策の効果が見られない。そのため、東京都は、対応を切り替えたと思います。北海道のサイトは3月18日まで、1587人検査:陽性154人を発見3月18日までの4日間の平均で、毎日2.5名の陽性患者を発見。北海道は全感染者数が減っている。風邪の発熱が続いているだけの人を検査したら、もう少し低率で、概ね30分の1程度の率で新型コロナウイルス感染を発見するのではないかと考えます。コロナを心配する風邪の30分の1程度が新型コロナウイルス感染だろうと思います。コロナウィルスの毒性については、中国での、新型コロナウィルス致死率は、患者数と死者数による単純計算での3.1%では無く、実際の患者数は統計よりももっと多いだろうと考え、1%以下の致死率ではないかと推測していました。ドイツでは:1日3万件のウイルス検査が可能で、多数の検査の結果、死亡率が0.3%です。これが一番正確な死亡率だと思います。インフルエンザの死亡率0.1%に近い死亡率の情報が得られました。そうは言っても、普通のインフルエンザの致死率の0.1%より高い死亡率であって問題が大きいので、感染への危機対応は的確で必要であったと思います。死亡率が0.3%だとすると、クルーズ船以外の国内死亡者が78人いること、また、2月13日に検査を開始した以前に検査されずに死亡した人数も考えて死亡者数を数倍程度と見積もると、国内感染者は累計で4万人程度と考えます。軽症感染者は3週間で治り、常時いる感染者は1万人程度と考えます。それらの感染者のうち、4月4日18時の時点で、まだ3352人しか検出できていないと思います。通常のインフルエンザに感染しても、1週間は静養しないといけない等の大ごとになるので、同じくらい危ないと考えたら良いと思います。風邪従来型コロナウィルスが30%程度もこじらせると肺炎になって重体になる事もありますので、とにかく良く休む事が大事と思います。新型コロナウィルスは、今までの風邪の流行と同様に流行していると思います。風邪はうつされますので新型コロナウィルスも同じくうつされます。イギリスでコロナで13歳も死亡した。風邪?にかかったら、30分の1の確率で新型コロナウィルスの感染者になった可能性がある。人に風邪?コロナウィルスをうつさないよう外出を控えて欲しいと思います。軽症のコロナウィルス感染があったときに、それを人にうつさないように注意して欲しいと思います。コロナ感染者の回復?退院のグラフを見ると、退院している人数が3週間前の感染者数程度です。国内で感染が確認された人のうち、4月3日までに症状が改善して退院した人などはクルーズ船の乗客?乗員が619人で、それ以外が514人コロナウィルスに感染して軽症な人が、それを他人にうつさなければ、その人自身は3週間で回復して、感染者風邪に似た軽症者がいなくなると思います。ただし、急速に症状が悪化する急速増殖ウイルスなので、感染者の咳の飛沫に含まれるウイルス数もインフルエンザよりも桁違いに多そうです。ほんの少しの飛沫からも感染するので、感染者の近くは感染する危険が大きいと考えます。そういうウイルスに対抗するには、心配し過ぎるという事は無いと思います。3月31日現在です。10代までは1人も亡くなってない。重症もいない。参考までに。比較的若い方の重症化率は低いです。70代以上の高齢者や疾患のお持ちの方は、コロナに限らず、風邪やインフルでも重症化しやすい傾向があります。ただ、健康な子供でも重症化しないかというと全くそうではなくて、たまたまでしょうけど、ここ数日の間に重症化した例が出ています。感染数そのものが少ないのは、活動範囲や量によるものかもしれませんが、感染に対する耐性は大人と変わらず、保護者から感染する例も多いようです。別に他のウィルス性感染症よりは死ぬ確率が低いが。手洗いを徹底させるだけで十分だと思いますね帰宅後やトイレの後とか食事前とか、何か行動する前に必ず手を洗うことを子供に意識させれば良いと思います海外の話ですが、若者でも亡くなった方が居るようです

  • 巨人?内海 巨人の西武への人的補償
  • 妊娠する確率は 性交ってゴムつけて外出たら妊娠する可能性
  • 埼玉県でU 江南南サッカー少年団強い
  • 鱗滝左近次 鬼滅の刃で鱗滝さんで弟子狙われてるの関わらず
  • テック高速道路の旅?高速料金表 香川沼津行く場合ETCあ
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *